遠藤産婦人科医院

〒308-0005 茨城県筑西市中舘130-1

お気軽に
お問合せ下さい

電話アイコン0296-20-1000

遠藤産婦人科医院

MENU

婦人科

一般外来

子宮頸がん予防ワクチンについて

最近、子宮頸がん予防ワクチンの副作用に関する報道が大きな波紋を呼びましたが。しかし、科学的な見地からは、テレビで放映されたような極端な症状の原因がワクチンであるとは立証されていません。
原因はワクチン以外にある可能性も大きいのです。また、その発生数も接種した女性・女児全体から考えると、微々たる数に過ぎません。どのような薬であっても、薬としての効果があるということは何らかの副作用もありえるのです。風邪薬でも食べ物でもアレルギーで生死にかかわるような重篤な症状を呈する人もいます。

実際にこのワクチンでは、99%以上の人が無事に3回接種を終えています。ここで子宮頸がんワクチンを確たる理由もなく毛嫌いする様な形で普及を止めてしまうと、将来子宮頸がんになって命を落とす女性が増えてくることは確実です。
このワクチン子宮頸がんから女性を守る為の、有効性は確立されているということを理解していただきたく考えています。

子宮がん/乳がん検診

子宮がん・乳がん検診を受けましょう

当院は、地域の子宮頸がん・乳がん検診(マンモグラフィ・超音波)施設となっております。検診を受けた方たちは、皆さん特に自覚症状を認めていたわけではありません。早期発見のために、20歳を過ぎたら子宮がん検診、30歳を過ぎたら乳がん検診を受けましょう。

2018年度 乳がん検診の実績について

2018年度の乳がん検診の実績が茨城県生活習慣病検診管理指導協議会より公表されました。検診の質を確保するためには、要精検率(精密検査になった割合〈あまり高くなく適度が良い〉)、がん発見率、陽性反応的中度(要精密検査になった方のうち実際に癌だった割合〈高い方が良い〉)の評価を徹底することが重要とされています。当院は、県全体の結果よりも要精検率が低く、陽性反応的中度がとても高い結果となりました。

今後も受診者の皆様に安心した検診を受けていただくために、精度の高い検診を保てるよう職員全体で励んでまいります。

受診者 要精検者数 要精検率 発見乳がん数 がん発見率 陽性反応的中度
当院 1488人 21人 1.4% 6人 0.40% 28.57%
県全体 44387人 2048人 4.6% 94人 0.21% 4.59%

遺伝外来

平成26年2月より岩手医科大学附属病院臨床遺伝学科と協力して、遺伝外来を開設することになりました。産婦人科に限らず、遺伝の相談をお受けします。遺伝外来の受診には予約が必要となります。
当日の診察の前に一度外来を受診していただき、相談の内容を伺います。

よくある質問

婦人科外来に関して

結婚して1年。なかなか妊娠しないのは不妊症?
不妊症の定義は「通常の夫婦生活をもって、2年間妊娠にいたらない場合」とされています。ただし早期の妊娠希望の方や、女性の年齢が高い場合は早めの検査・治療をお勧めします。
精液検査は夫も病院に行かなければいけないの?
必ずしも来院する必要はありません。事前に容器をお渡ししますので、検査当日に自宅で採取して下さい。ご主人の保険証は必要となります。
人工授精はどの位時間がかかりますか?
精液を洗浄する場合、まず45分くらいお待ちいただきます。人工授精自体はすぐ終了しますが、2、30分安静にしていただいてからの帰宅となります。